About us

取り組みと主宰者の紹介

主宰者プロフィール

渡辺 有貴

渡辺 有貴(Watanabe Yuki)

慶應義塾大学総合政策学部卒業後、同大学院経営管理研究科(MBA)を2000年に修了。コンサルタント、コーチとして独立し、2020年で独立20周年を迎える。
ベンチャー、大企業、中小企業、様々な企業のコンサルティングのプロジェクトを経験しながら、並行する形で組織やリーダーシップの分野で慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所研究助手、中小企業基盤整備機構リサーチャーとして研究に携わる。山梨学院大学では非常勤講師として、組織行動論、人的資源管理論などの教鞭をとる。

2002年にCTIジャパンのコーアクティブ・コーチング®に出会う。左脳的な問題解決に限界を感じる中、コーアクティブコーチングという人の可能性を最大限引き出す関わりや、コーアクティブリーダーシップという自分や世の中への視座やアプローチの有効性を実感する。また、その学びのアプローチである体験学習の力に魅了され、現在はCTIジャパンにてコーチの養成、国内外でリーダーシップのトレーニングに注力。こうした経験から、多様性は豊さであり、多様性を受け止めるには、個人の中にある多様性を認めることから始まると確信。コーチングやワークショップを通じて、多様性を受容し、人や組織の力の発揮を促すスペシャリストとして活動している。

プライベートでは2010年に結婚し、2011年に長男を、2014年には二男を、2018年には長女を出産。4年ごとの妊娠出産という自らの経験から、妊娠出産を契機として、ひとまわり大きく挑戦をする「マタニティリープ」のコンセプトを広めたいと思い、この活動を始める。

【コーチング関連資格】

  • ・CTI認定資格CPCC(Certified Professional Co-active Coach)2004年
  • ・国際コーチング連盟PCC(Professional Certified Coach)2008年
  • ・ORSC(Organization & Relationship Systems Coaching)応用コース修了2010年
  • ・TLC(The Leadership Circle)認定プラクティショナー(360°サーベイ)2018年
国際コーチング連盟PCC(Professional Certified Coach)

【著書】

コーチングバイブル

【実績】

  • ・CTIジャパンにて、コーチングトレーニングのワークショップリーダー、資格取得コースのリードやスーパーバイザー、リーダーシップ・プログラムのリーダーなどを務める。またCLO(Chief Learning Officer)も務める
  • ・上場企業にて、ビジョン作成のプロセスとワークショップの開催、および新規事業立ち上げ研修
  • ・社会福祉協議会、保育園の連合団体にて、リーダーシップ研修とマネジメント研修
  • ・高校進路指導担当教諭に向けた、学生支援の取り組みに向けたワークショップ
  • ・大学にて、女性のキャリア開発講演、女性のライフデザインに関する授業、講演
  • ・築地本願寺にて、コーアクティブコーチング及びリーダーシップについての講演
  • ・女性起業塾にて講師
  • ・コーチに向けた倫理についてのワークショップ、その他職業倫理についてのワークショップなど

Storyマタニティリープが生まれた背景

結婚して10年

私は、30代から40代をまたぐこの10年に3回の出産と1回の流産の経験をしています。そして最初の妊娠から現在第3子(1歳6ヶ月)を育てているこの10年はマタニティ期と私が呼んでいる、出産前後の大変だけれど喜びにも溢れ、人生の中で初めて経験するような年月でもありました。

喜びとしては、かけがえのない自分の子供の存在、親から受け継いだ命の連なりがまさにここにあり、まっさらな子供のエネルギーや可愛らしさにその寝顔を見るたびに感動する気持ちがあります。10年経つ今でも色あせることなく、その驚きと感動があります。

大変さといえば、枚挙にいとまがありませんが、生死を意識するような妊娠出産のイベント。毎回の妊娠で、切迫早産となり、2ヶ月ほど動けないようなままならない生活。最初の妊娠から現在まで続く授乳の生活で睡眠時間が1、2時間ごとに寸断され、常に起きているような生活サイクル。(この原稿を書いているのも深夜2時。そして今、末娘が起きてきて授乳する現在深夜3時。<苦笑>)子供3人まとめてお風呂に入れるので、ゆっくりお風呂にも入れません。
仕事としては、大事な仕事を妊娠出産や子供の病気や入院といったことで、断ったり、交代してもらわなければならないいたたまれない状況も数々ありました。

これまでのやり方が通用しない

独身時代や体が自分一人であれば簡単にできたこと、自分一人で決められたことが、家族を巻き込んでいろんな人に相談しないと決められませんし、サポートしてもらわないとままなりません。これまでのやり方(例えば、完璧にやる、納期を守る、きれいにする…)で仕事や育児ができないことにイライラしたり、自分を責めたり、行き詰まることもあります。

そうです。これまでのやり方が全く通用しないのです!
最近ではマタニティブルーという言葉だったり、産後うつなど、言葉が与えられているので、広くそのような状況が認めらていますが、マタニティ期は人生の危機なのです。

悩みや課題も山のようにあり、そのことに意識が向いて抜け出せなくなることもあるでしょう。だからこそ、人生の危機から跳躍して、新しい挑戦や成長につなげる機会になると私は思うのです。崖っぷちの状況だからこそ、大きく跳躍することができます。私自身もこのマタニティ期を通じてこれまでのやり方を新しい生き方に変容させていき、跳躍する機会としてきました。それが「マタニティリープ」です。

「マタニティブルー」や「産後うつ」といった言葉の先にあるものが「マタニティリープ」。どうでしょうか?少しその先が見えそうではないですか?

安心して本音で話せること

マタニティリープの鍵となるのは、「本音を語る」ということです。現在、妊活をしている人も多く、例えば自分自身が妊娠したことやその嬉しさを躊躇なく話をするのが難しかったりします。妊娠中のつわりやそのことで仕事に影響があっても、働き方をアレンジしてもらうことに遠慮を感じる人も多いのではないでしょうか。また、出産後の慣れない授乳や生活のサイクルで、子供のことが可愛くない、投げ出したい、そんな風に思うこともあるでしょう。

そういった本音をどうこうせずに聞いてもらえることはないので(話すと心配されたり、意図せずアドバイスなどをされてしまう)、なかなかその本音の中にあるリープのきっかけにたどり着く機会がありません。

ある意味、本音が安心して話すことさえできれば、それだけで「リープ(跳躍)」なのです。

私はそのきっかけやリープにつながる本音が話せる場を提供したいと思い、「マタニティリープ」という言葉をつくりました。マタニティ期にいるご本人もそうなのですが、その周囲の人にも「マタニティリープ」というコンセプトを知ってもらうことで、人生の危機を安心して経験し、それを応援したり、本音を語りやすくなります。マタニティにまつわる本音が話せることで、育むことができる土壌を作りあえたらと願っています。

Episode渡辺有貴のマタニティリープ

マタニティリープの物語を主宰者の10年に渡るエピソードによってお伝えします。

Heroine's journey

第1子誕生と
リープの瞬間

初めての出産から1年、にっちもさっちもいかない状況から正気の沙汰ではない選択

Living in chaos

葛藤や絶望を経て
第2子誕生

絶望を希望に変える、ぐちゃぐちゃなカオスの中から新しい息吹が生まれる

Wind for leap

第3子誕生と
2つの法則

8歳、4歳の男の子、1歳にならない赤ちゃんを日本に置いて、10日間も日本を離れる出張